長月のお稽古

九月に入りましたね!
今月のNagomi*wakoテーブル茶道教室では、『月』をテーマにしたお稽古を行います。

今日のお稽古では、床に『江月照風吹(江月照らし松風吹く)』の短冊と、ススキを生けてみました。
a0372263_16455475.jpg

そして、お楽しみのお菓子は「お月見団子」に見立てた薯蕷饅頭(^^)/
a0372263_16455766.jpg
お茶碗も兎さんが跳ねてます(^^♪
a0372263_16455921.jpg





[PR]
# by nagomi-wako | 2018-09-04 17:39 | 茶道 | Comments(0)


a0372263_11390983.jpg
撮影:山口県 松陰神社 傘のおみくじ
                              
九月の別の呼び名「長月」の由来は、『夜長月』の説が一般的。
他に「菊月」や「紅葉月」とも・・・
九月はまだまだ残暑が厳しく感じますが、野山では菊花が咲き、紅葉は葉の色づきを静かに待つ移りの月です。

九月のNagomi *wakoテーブル茶道教室は、
重陽の節句に因んだお道具での続き薄茶と、茶箱(月)のお稽古を行います!
どうぞお楽しみに‼

◆9月4日(火)、6日(木)、11日(火)、13日(木)、18日(火)、20日(木)、27日(木)◆
お稽古の開始時間は10時半/13時半からとなりますが、
上記時間以外や他の日をご希望の場合はご相談くださいませ。

 ★Nagomi*wako テーブル茶道 
  お申し込み : wako0408@gmail.com

今後ともNagomi*wakoテーブル茶道をよろしくお願いいたします。


a0372263_17141987.jpg
撮影:宍道湖に沈む夕陽



[PR]
# by nagomi-wako | 2018-08-28 12:01 | 茶道 | Comments(0)

a0372263_09150043.jpg
暑中 お見舞い申しあげます

今年は例年になく暑さが厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか。
この暑さはまだしばらく続きそうです。
皆様くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。



8月のお稽古のご案内をいたします。
◆8月2日(木)7日(火)8日(水)21日(火)24日(金)28日(火)31日(金)◆

お稽古の開始時間は10時半/13時半の2回になりますが、
上記時間以外や他の日をご希望の場合はご相談くださいませ。

 ★Nagomi*wako テーブル茶道 
  お申込み : wako0408@gmail.com

今後ともNagomi*wakoテーブル茶道をよろしくお願いいたします。





わこ


[PR]
# by nagomi-wako | 2018-07-30 09:32 | お知らせ | Comments(0)


a0372263_11102186.jpg


暑くなってくると、お茶の世界では物理的にも精神的にも涼しく感じられる工夫を凝らします。
例えば自然の植物の葉を水指の蓋に見立てるというのもひとつです。
これを゛葉蓋゛といいます。
葉蓋はある夏の七夕の茶会がはじまり
葉蓋の扱いは裏千家十一代玄々斎の創案によるもので、ある夏の七夕の趣向の茶会に末廣籠の花入の受け筒に、
梶の葉を蓋にして水指に使用したのが始まりになっています。

お稽古では、里芋の葉っぱの上に露をためてみました。
葉に朝露がびっしり落ちて涼しげな光景は、「露深し」という夏の季語として俳句でも用いられるそうですね。
これも、少しでも涼しい気分にするための工夫といえましょう。

a0372263_11102381.jpg







わこ



[PR]
# by nagomi-wako | 2018-07-06 11:34 | 茶道 | Comments(0)

a0372263_11112514.jpg

 このお菓子『水無月』と言います。

 白いういろうの上面に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切り分けたもので、

 京都では夏越の祓が行われる630日に、1年の残り半分の無病息災を祈念して

 これを食べる風習があります。


 平安時代には旧暦61日の「氷の節句」の日に、

 氷室から氷を切り出して食し暑気払いをする宮中の風習がありました。

 三角形に切った白いういろうは、この氷をかたどったものとも、

 四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われており、

 また小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされています。







わこ




[PR]
# by nagomi-wako | 2018-06-29 12:00 | 茶道 | Comments(1)